困ったときにはこれを読んで解決!オフィス家具について初心者のために詳しく解説

オフィス家具を導入する時は、事前に企業のイメージに合わせてコンセプトを決めておくと、スムーズに進みます。
レイアウトは社員の作業効率はもちろん、会社に訪れた外部の人からの印象を意識しなくてはいけません。
手当たり次第に購入して部屋を狭くする、初心者がやりがちな失敗は仮設置で避けることが可能です。
購入良い手の家具と同じ寸法の代用品を設置すると、より具体的に仕上がりのイメージができて余計な物を買わずに済みます。

困ったときにはこれを読んで解決!オフィス家具について初心者のために詳しく解説

オフィス家具を導入する時は、コンセプトを決めておくことが基本です。
シックやカジュアルなど、企業のイメージに合ったコンセプトを始めに決めると、オフィス家具選びがスムーズに進みます。
初心者は何を選べばいいかわからずにあれもこれもと手を出して、部屋が狭くなるという失敗をする人も少なくありません。
有効な解決策は、購入する前に設置予定の場所に家具と同じ寸法の代用品を置く方法です。
仮設置で移動の導線を確認すれば、必要最低限の物だけを購入できるので失敗を防げます。

オフィス家具とは作業を円滑にするための什器のこと

仕事で使われるオフィス家具と聞くと、無駄な装飾性を無くして、ビジネスシーンに沿ったシンプルなものに仕上げたものと思う人も多いのではないでしょうか。
しかし実際はオフィス家具というものは、単に設計を簡素にしただけのものではありません。
実は業務を円滑に行うための工夫が各所に施された什器となっているのです。
例えばオフィスチェアを見てみましょう。
現在のオフィスではパソコンに長時間向かって作業を行うことが多く、同じ姿勢でいることが長くなるため体にもかなりの疲労が蓄積します。
オフィス家具として設計されている機能性のチェアであれば、このような状況下においても体への負担が集中しないように、圧力を分散させたり背骨などを支えることで疲労を軽減させる機能を備えています。
デスクも同様です。
パソコンの使用やインターネットへの接続を容易にできるように、多くのデスクの表面には電源コンセントやLANケーブル接続口が設けられています。
こうして業務に必要な機能を備えていることから、オフィス家具は業務効率化に貢献してくれるというわけです。

オフィス家具を選ぶ際には事務所内に適しているサイズなのかを確認する

オフィス家具には、様々なサイズがあります。
うっかり大きすぎる家具を選んでしまったら、オフィス内に入らなくなってしまう可能性があります。
運よく室内へ搬入できたとしても、配線などのレイアウトに困ってしまったり、移動時の邪魔になってしまうことにもなりかねません。
オフィス家具を新しく購入する際には大きさを計測しておき、室内の規模に合った製品を選ぶようにしましょう。
その際には、導線をしっかりと考えておくことがポイントです。
オフィス家具を配置した際に十分な通路が確保できるかをよくチェックしてみてください。
デスクやテーブルやキャビネットなどを配置する際には、荷物や書類などをスムーズに取り出せるかどうかも確認しておきましょう。
インターネット上で家具のレイアウトができるツールなどもありますので、そのようなものを活用してみるのも1つの方法です。
オフィス家具の購入は失敗が許されませんので、サイズ選びは慎重に行ってください。

オフィス家具を探す場合に働きやすくするためにどんな機能性があるかどうかもチェック

オフィス家具を選ぶときデザインを重視して選んでしまう人は多いのではないでしょうか。
オシャレなオフィスにしたいときなどはデザインを中心に考えがちですが、これ以上に重要なことは使い勝手です。
遊び心あるデザイン性の高いアイテムで揃えておけばオフィスの見た目は良くなりますが、見た目をこだわりし過ぎると機能性が損なわれることもあるので注意が必要です。
機能性が高いオフィス家具選びは、作業内容および使用するシーンに合うサイズの机を選ぶこと、正しいい姿勢を保てるもしくは保ちやすい調整機能が付いている椅子を選ぶなどが挙げられます。
ラックやキャビネットなどのオフィス家具を選ぶときには、ファイルメーターを基準にするなどの基本があります。
ファイルメーターは、オフィス内の書類を積み重ねた際の厚みをメートル単位で示すもので、これを目安にしておくとピッタリなラック類を選ぶことができます。
パーティションもデザインだけでなく防音や遮音性が高いもの選べば、ミーティングや打ち合わせ、休憩などの際に役立つ存在になってくれます。

デザイン性も大切!購入前にオフィス家具を配置して馴染むかどうかをイメージしてみる

人間には違和感という感性があり、一度それを感じてしまうといつまでも気になってしまい、集中力や判断力に欠いてしまうことがあります。
オフィス家具でもデザイン性が重要で、もしも馴染まないものがひとつでもあった場合はそれが気になってしまい生産性を下げることになりかねません。
そのような状況を避けるためには購入前にオフィス家具を配置し、馴染むかどうかをイメージしてみるのがおすすめです。
オフィス家具専門業者の場合はサンプルを用意しており、試しに配置するのをサポートしてくれる場合があります。
また、昨今ではスマートフォンやタブレットで拡張現実のAR機能を駆使して、カメラで写した場所にその家具を置いた場合にどのような様子になるのかシミュレーションできるアプリが提供されている場合もあります。
オフィス家具は一度配置して業務を開始してしまえば後から変更するのが困難なケースもあるため、事前にしっかりと試して後悔しない選択をしたいところです。

オフィス家具に関する情報サイト
オフィス家具を導入しよう!

オフィス家具を導入する時は、事前に企業のイメージに合わせてコンセプトを決めておくと、スムーズに進みます。レイアウトは社員の作業効率はもちろん、会社に訪れた外部の人からの印象を意識しなくてはいけません。手当たり次第に購入して部屋を狭くする、初心者がやりがちな失敗は仮設置で避けることが可能です。購入良い手の家具と同じ寸法の代用品を設置すると、より具体的に仕上がりのイメージができて余計な物を買わずに済みます。

Search