オフィス家具の昇降デスクを取り入れると視線と姿勢を変えることができて気分転換が図れる

オフィス家具の昇降デスクを取り入れると視線と姿勢を変えることができて気分転換が図れる

長時間座っているなどの座りがちな行動がもたらす健康被害は計り知れません。
一日の大半を座って過ごす人は、がんや心血管疾患、2型糖尿病などを発症するリスクが高いと言われています。
1日の仕事の中で、重要な決断を素早く下さなければならない場面は定期的にあります。
もちろんルーティンワークを迅速にこなすことも重要です。
そのためには、注意力と集中力が必要です。
ある研究では教室で高さ調節可能な机を使用した学生は、集中力と実行機能、記憶力に改善がみられました。
またスタンディングデスクなどの先進的なオフィス家具が血流を増加させ、脳の活動を促進することも示唆されました。
これはつまり高さ調節可能なオフィス家具を導入することで、精神的なリフレッシュをもたらすことが可能だというのです。
さらに姿勢が変化することで使う筋肉が変わり、コリの予防が期待できます。
高さ調節が可能なデスクは、集中力や実行機能の維持が必要な作業を長時間行うスタッフにとって、大きなメリットになります。

疲労しにくい機能が搭載されたオフィス家具

長時間パソコンを前にして作業をしている方にとって、前のめりの姿勢を続けていると首や肩に負担がかかり肩こりや疲労感が溜まりやすくなります。
特に慢性的な肩こりや首の痛みを感じているならば、普段から良い姿勢をすることを意識することはもちろん、オフィス家具を使用して体をサポートしてもらうことが重要です。
オフィス家具でデスクとチェア選びは非常に大切で、特にオフィスチェアは、姿勢をサポートするランバーサポートや、前傾姿勢対応になるタイプなど、体への負担を減らし、長時間の作業でも疲れにくくすることができます。
また座面の高さ調節機能がついていると、机の高さや体の大きさに応じて適切な高さに調節できたり、肘置きがついているタイプを選択すれば両腕を肘掛けにもたれることで肩への負担を軽減させたり、体圧を分散させることが可能です。
肘掛けに関しても高さや位置を調節できると、自分にぴったりな高さで快適に仕事をすることができます。

オフィス家具に関する情報サイト
オフィス家具を導入しよう!

オフィス家具を導入する時は、事前に企業のイメージに合わせてコンセプトを決めておくと、スムーズに進みます。レイアウトは社員の作業効率はもちろん、会社に訪れた外部の人からの印象を意識しなくてはいけません。手当たり次第に購入して部屋を狭くする、初心者がやりがちな失敗は仮設置で避けることが可能です。購入良い手の家具と同じ寸法の代用品を設置すると、より具体的に仕上がりのイメージができて余計な物を買わずに済みます。

Search